明日の暮らしを、安心してお任せください。


ホーム > 事業内容 > 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)


少人数の認知症高齢者が日常生活を不安なく過ごせる様に、専門のスタップが支援する事により落ち着いた家庭的な雰囲気の中で安心して共同生活を営む施設です。


季節毎の飾り物等を配置し、家庭的な雰囲気で、ゆったりとお過ごしくる事が出来ます。


ご利用できる方
※医師による認知症の診断があり、介護保険認定で要支援2以上と判定された方がご利用できます。
※地域密着型ですので基本的に滝川市に住所がある方が対象となります。

グループホーム土筆のケア理念
適度な刺激により、健康な能力を引き出し、自信が持て、人として尊重される関係を基本としたケアを提供する。

グループホーム土筆での生活の流れ
※食 事:1F、2Fダイニングで皆様と一緒にお食事をして頂きます。
※入 浴:定期的に入浴が行われ体の清潔を保てる様にご支援致します。
※外出・外泊:事前にお知らせくだされば、疾病上の問題がない限り規定はありません。
※買い物:要望を聞きながら、市内店舗までご支援致します。入居者様はホームスタップと共に日々の買い物もお手伝いして頂いております。
※敷地内に芝生の広場、花畑、野菜畑等も整備され、季節を感じながら楽しく過ごされています。
※同じ敷地内にディサービスが隣接しておりますので、ご利用者同士の交流・共同での行事も行われ、入居者様の楽しみにされご参加して頂いております。
※町内会・認知症家族会に加入しています、行事のある都度参加(食費以外は実費)されています。

施設概要

建物構造:木造枠組み壁工法(2×4)省令準耐火構造(683㎡)スプリンクラー・自動火災報知機完備

入所定員:18名(2ユニットの定員です。)

居  室:全室個室です。1室11.5㎡(7.5帖)
装  備:棚・コンセント・湯沸器(電気)・暖房機・緊急呼び出し装置・テレビ端子・電話端子・電動ベッド(3モーター)・照明器具

その他施設 設備
ダイニングキッチン、リビング、和室、洗面所(各階3カ所)、トイレ(1F3カ所・2F3カ所)、脱衣所、浴室(2)、洗濯機(4)エベベーター、電気暖房機、まきストーブガスペチカ、椅子、ダイニングテーブル、ソファー、下駄箱、テレビ、ベランダ。

入居費用 (2015年4月1日改訂)


「介護保険2割負担の方、介護保険利用料が上記金額の2倍の金額のご負担となります」

※その他 初期加算として入所日から30円/日(30日間)個人的に利用される物品(おむつ・リハビリパンツ・パット・市販薬品・私物購入費 等)
保険外のサービス等の利用による実費負担・上記等の負担が必要となります。

入所前の準備
入所相談・入所申し込み申請・診断書(当社指定書式)

入居時にお預かりする物
健康保険証(後期高齢者保険証)・介護保険証・診察券・印鑑・お薬(説明書含む)

入居時にご用意頂く物
寝具類・衣類(季節の変化に対応できる物)・タオル類・洗面用品(洗面器・歯磨きセット・石けん等)・靴・お茶碗等・ハンガー・洗濯物干し(タオル・下着等かけられる物)・掃除用具・ゴミ箱・洗剤・ティッシュペーパー・カーテン・なじみの家具(居室に入るものは規定はありません)等。(施設内では、消防法の規定により、防炎加工品でなければいけない物がございます。)

※装飾品もお持ち頂き、なじみの物がある部屋作りをしますと早めに環境になれ過ごして頂けます。
※テレビ、電話、冷蔵庫等は(個人負担、利用料が必要となります。)
※月々のお小遣い(基本料金以外・希望される物品の購入・行事参加費等自己負担分)
※その他不明な点がございましたらお気軽にご相談下さい。


担当責任者よりご挨拶

グループホーム 土筆


グループホーム土筆のメリットは、敷地内にディサービス他在宅支援等の事業所があり、ホームのスタッフだけではなく、在宅にいた頃のスタッフとの交流を通じて馴染みの環境を維持することができ、安心感を持っていただけることです。
また、環境整備にも力を入れており、四季折々の装飾や屋外行事・外出行事などにも積極的に参加できるよう工夫し、スタッフが手作りの催しなども企画しております。ご家族様、地域の方々のご理解やご協力もいただきながら、家庭的な環境で、ここで暮す皆様が家族のような信頼のおける人たちに囲まれ・・利用者様が主役の自由で安心できる暮らしを目指してスタッフ一同、日々努力しております。
ご見学・ご相談などは随時受け付けております。どうぞお気軽においでくださいませ。


戻 る

民間介護施設紹介

  • 介護DB
  • 北海道AD倶楽部

ブログ

RSS Feed Widget
ページのトップへ戻る